テーマ:建築

イベント住宅展

7月は、ASJ(アーキテクト・スタジオ・ジャパン株式会社)主催の未来をのぞく住宅展に出展しておりました。  http://event.asj-net.com/public/event/data.php?eventid=292-1 概ね2年周期で住宅展に出展しています。住宅建設を考える場合、パートナーに設計事務所という選択肢は、設…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅展

住宅展パンフレットができましたので 改めて紹介させていただきます。 11月17日(土)・18日(日)ツインメッセ静岡にて ASJ主催の「未来をのぞく住宅展」に出展します。 詳細は、 日程11月17日(土)11:00~18:00入場無料    11月18日(日)11:00~18:00入場無料 場所ツインメッセ静岡 西館1階第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住宅展

11月17日(土)・18日(日)ツインメッセ静岡にて ASJ主催の「未来をのぞく住宅展」に出展します。 詳細は、 日程11月17日(土)11:00~18:00入場無料    11月18日(日)11:00~18:00入場無料 場所ツインメッセ静岡 西館1階第一小展示室    静岡県静岡市曲金3丁目1番10 http://ww…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現場足場

御宿の家/2012の足場が外れました。 凹凸のシンプルな形態は、白を基調にモノトーンで構成しています。各素材にも反映させ統一感を図りました。南面一面のバルコニー、庇が程よく日差しを調整し、昼間は照明の必要を感じないほどの明るさを取り込みます。内観は、素材を自然な風合いに空間を構成しており後日、UP予定です。 足場の状態から、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

配筋~コンクリート打設

「石坂の家」の現場配筋状況です。平家に近いことから、基礎施工時には奥行を感じられます。一般に平家計画では、2階建てと比較して基礎部分のコスト増加傾向にありますが、ここでは性能を損なわずにコスト低減の創意工夫を様々行うことで、コスト負担軽減と共に平面的な拡がりを意識した計画を展開します。 コンクリート打設中には、設定状況にもよります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

完成予想

弊社では、打合せの状況により内観や外観の立体提示を行ないます。下記は、「御宿の家」で施工中の専用住宅で敷地画像と合成した参考予想です。 上記「御宿の家」の現場内観です、南面に開放された敷地形態を活かし、様々な場所へ光を取り込める空間構成としています。 施工中での現場を見学することで空間の広さの感覚、構造的な解釈を確認する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OPEN

昨年より施工中の現場が、完成しました。OPEN広告にも関わらせて頂き、年末年始は、写真撮影、レイアウト打合せ、監理と並行調整で慌しく送ってきました。設計段階からのお施主さまの想いが、伝えられればと思います。 色調は、内外共、白を基調に経年や地域性を考慮した自浄効果のある素材構成としています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基礎配筋

基礎配筋施工前には、配筋の精度確保とレベルを均一に施工するために地中梁下に捨てコンクリートを敷設しています。電気等の建物下での配管経路には、事前に埋設配管を施工します。 型枠を組む前の配筋施工中です。必要鉄筋の加工方法、組み方を図面や打合せで確認した上で、加工、施工したものを現場にて再確認しています。現設計に対し、設計、施工、現場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家具製作

打合せテーブルの製作途中です。既製品の寸法では、巾1800mmに対し、奥行850~900mmが多いのですが、使い勝手を考慮して800mmに設定しています。一枚板は、流通量が稀少でコスト的にも不利なため、木の目を活かした継ぎ板でシンプルに構成しました。工場での塗装前の状態確認です。 アジャスターや補強部材は、メンテナンスを考慮した隠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木材選定 

構造材打合せの為、木材プレカット工場に行きました。今回の構造材は、工場にて一括加工製造を行なうことで、安定供給と性能精度を確保します。 構造的な寸法、配置以前での各部材の産地、樹種、強度、含水率、加工方法等の指定を書面を含め事前確認します。すべての使用部材において各種試験を行なうことは、現実的でなく性能表示や出荷証明等の書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地盤補強

施工中の現場では、地業工事進行中です。この現場では、ボーリング調査を含めた地盤調査結果を踏まえ、液状化対策を施した特殊な工法での地盤補強を行なっています。 杭重機による掘削時には、水位、搬出土内容や掘削深さ等を確認し、事前調査内容の再確認と共に地盤補強工事を進めます。上の画像では、自然水が、滲みだしているのが、確認できます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全祈願

実施設計完了後の見積りから、調整期間を得て、施工会社との工事請負契約内容確認の後、地鎮祭を執り行ないました。 弊社では、全体工程の中で実施設計完了から、工事着手までの期間に調整期間を設けるようにしております。この期間の中で行なう内容は、工事見積り依頼、提示された見積り内容の査定、予算に対しての検討、調整、工事請負契約内容の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LED

設計中の照明計画にLED住宅用ダウンライトを検討しています。 昨今は、白熱電球の製造中止や規模の大幅な縮小に加え、消費電力量の少なさから、住宅用の汎用電球として、各メーカー共にLED商品の種類も増えてきたこともあり検討としました。 蜂の巣状のユニットが、各々発光します。 ダウンライトで比較した場合、蛍光灯ダウンライト約8,…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竣工写真

弊社では、竣工後にミニアルバムを差し上げています。 竣工写真は、プロのカメラマンや自身での撮影となりますが、極力見た目に近い設定を心がけています。 入居時には、カーテンブラインドや家具等があり、印象も変わると思いますが、引渡し前の状態確認の意味も含めての撮影時期としています。 ここのところ未UPの竣工写真をまとめているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

模型

画像は、施設検討中の模型です。質感のある材料選定を予定し、空間のイメージが伝わるよう木模型としています。事業性から質感や肌ざわりのある素材は、コスト、経年上、不利側と思われますが、付加価値として求められないかと考えています。実行にあたっては、技術的な判断、知識、手法など求められる力量や役割を果たせればと考えています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショールーム

現在設計中の住宅には、薪ストーブが設定されており、建て主さんと薪ストーブショールームに行ってきました。 ここは、展示種類も豊富で質感、大きさ以外に燃焼方式や各メンテナンス方法も確認できるようになっています。機器選定により、温熱環境、空間の使用材、納まりも変わるため、設計では各々の確認が必要となります。 そんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取材

金属サイディング工業会主催の施工例コンテストにて優秀賞を頂いたのを機に 受賞プロジェクトで採用した建材メーカー・アイジー工業株式会社さんの取材を受け社報に載せて頂きました。 主に業界関係が購読者ですが、友人や知りえた建て主さんからの連絡もあり、嬉しい反響です。 これまでもケーブルテレビや広報誌の取材依頼はあったのですが、主旨が合わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外観構成

画像は、大渕の家。手前は、駐車場棟で、セルフビルドにて木工事施工中。 使い勝手から、分棟配置とした各々の建物が、外観としても調和できるよう 屋根形態、高さ等の調整提案を行なっています。 各屋根の位置、方向の違いは、室内側への採光の多様性を生み出しています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竣工写真

弊社では、各工程ごとに工事監理写真として画像管理をしています。 竣工写真の撮影は、天候にも左右されることから、数日をかけて行ないます。 状況により専門写真家であったり自身であったり様々ですが、 奥行感や光の加減など空間を感じられるように心がけています。 また、時間の経過によっても様相が変わることから、昼間、夜景と 終日かけての…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

提案/模型

打合せでは、図面やスケッチ以外に模型提示をおこなうことがあります。立体感が伝わり易いよう打合せ内容に応じて1/100~1/30程度の模型提示を行ないます。以下は、初期段階の形態確認や周囲との比較参考に製作したものです。 俯瞰となることで土地利用の方針や視線を下げることで奥行感などイメージが、広がるのではと考えています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕上げ検討

混構造3階建ての現場では、内装仕上げの検討中です。各々の仕上げ材は、機能、コスト、質感、色調、部位等の組み合わせにより空間を構成します。 ひと現場ごとに開口部の大きさやその場所での光の取り入れ方、空間の大きさも異なる為、サンプル材を並べての検討から決定の段取りを現場で行ないます。 色調などは、大きさでも色のでかたが変わります…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

見学

所用で浜松に行く機会があり、秋野不矩美術館に行きました。 設計は、藤森照信さんです。12年前に竣工した建物で、経年を感じますが、素材へのこだわりを感じます。 また、素材を手仕事と感じられる様な使い方をされることから、できあがった建物は、どこかノスタルジックな創造性を感じます。 おまけ: 子供に何も言わずに感想を聞…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サイン

オリジナルサインができたので取付けに伺いました。 実物は、白色部分にサインが入り、表札となっています。 玄関廻りには、郵便受け、インターホン、表札等様々な形態のものが設置され、 細かいところでは、防犯、犬等の門票なんかも、気になるところです。 その家の顔ともなる玄関では、様々な要素を集約しすっきり見せたいものです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

提案 検討

提案をするにあたり、周辺状況や土地の有効利用等の要望、条件によっては、縮尺模型による提案説明を行ないます。設計作業では、立体的にイメージしながら図面化しますが、提案する際には、パース、模型等を用いて立体的な提示を心がけています。 下記画像は、敷地高低差による外観の見え方を確認できるように模型を提示しています。 まだ初期の計画段階の為…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

優秀賞 受賞

日本金属サイディング工業会の施工例コンテストで優秀賞を頂きました。 受賞作品は「大岡佃の家」です。1362点(新築859点、リフォーム503点)の中から選ばれたそうです。 今回受賞したプロジェクトで採用した建材メーカー・アイジー工業株式会社の方に伺いました。 全体の着工率が下がったとはいえその倍率に驚くと共に評価を頂けたことは、建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外装仕上げ

木造+RC造混構造3階建ての現場です。外装仕上げは、1階外断熱部分は、塗り壁仕上げです。現在下地施工の養生期間中です。上の画像は、2、3階部分で塩害、紫外線、経年メンテナンス等を考慮した金属板仕上げと木部の状況です。 材料の選択は、各々引渡し後での経年を通じて障害となる用件を考慮した材料組み合わせを行なっています。建築の場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コンクリート打設

コンクリート打設時には、受入れ検査として温度、空気量、スランプ、カンタブ測定、試料採取を行います。画像は、カンタブといって、受け入れたコンクリート中の練り水による塩化物量を測定している状況です。読み取り算定結果は、JIS基準0.30kg/㎥以下のところ、0.05kg/㎥と合格でした。各々の試験は、性能低下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

基礎配筋

現場にて配筋作業確認中、富士山からの風が冷えています。 車庫のベタ基礎配作業中です。コンクリートに覆われると隠れてしまいますが、地盤状況からくる基礎埋め込み深さと定着長さの関係、補強金物の形状等、コストを含めて合理的に解決します。 木造住宅の基礎は、一般に旧住宅金融公庫の仕様基準を採用されることが、多いのですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外装下地

外装下地施工中です。透湿防水シート上から外装の向き、継ぎ目、留付け位置により胴縁材を設置します。 防火規定、結露対策、遮音効果、止水経路、経年変化を考慮し今回の外装は、通気工法を採用しています。 仕上がると分からなくなりますが、、通気の妨げにならぬよう千鳥配置にしています。 シール材に頼らない止水工法やサッシ廻りの補強、透湿防水シ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

上棟

混構造3階建ての現場は、棟も上がり上棟、祭祀を行いました。3階ともなると、遠く西伊豆の山々、富士山を望めます。 立体的になることで、周囲の眺望、日照状況等の現場確認を行います。 また、構造体の多くは、内部に隠れてしまい、後施工での修正変更は、容易なことではありません。 構造仕様を詳細に現場確認することで、将来的な安全を確保して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more